デリバリーで成功

飲食店がバーチャルブランドを持つべき一番の理由

July 28, 2022

飲食店にバーチャルブランドが必要な理由

フードデリバリー市場が拡大していることは、決して特別なことではありません。

フードデリバリー業界は過去10年にわたり成長を続けており、コロナ禍による外出の規制によってこの傾向をさらに強めました。デリバリーを注文する人が何百万人もいることを知り、パンデミック以降も成長が続くという予測から、今では多くの飲食店がデリバリーを推進しています。

フードデリバリーアプリ利用者の増加

現在、さまざまなデリバリーアプリがあるため、店舗を掲載するだけでは不十分です。飲食店の知名度を上げることがとても重要になってきます。しかし、デリバリーアプリのアルゴリズムによってランキングやリーチが左右されるような状況で、どのように店舗の認知度をコントロールすればよいのでしょうか。そこで、飲食店のバーチャル・ブランドをつくることは、大きな投資をせずにデリバリーアプリを活用するための解決策になりつつあります。

飲食店の経営者の方で、バーチャルブランドについてもっと知りたい、あるいは自社で立ち上げることを検討されている方は、ぜひこの記事をご覧ください。

リアル店舗とバーチャル店舗

最近、飲食業界では、ダークキッチン、ゴーストキッチン、バーチャルレストラン......といった新しいコンセプトが数多く登場し、ついていくのが大変なほどです。

ゴーストキッチンは、飲食店側が宅配専用のスペースとして利用するものです。ゴーストキッチンには、スタッフもおらず、客席もありません。別名、ダークキッチン、バーチャルレストランとも呼ばれるゴーストキッチンは、デリバリーフード専門のスペースをつくりたい飲食チェーンと、ネット上だけに存在する飲食店の両方で活用できます。

一方、バーチャルブランドは、Uber Eats、出前館などのデリバリープラットフォーム上のデジタル店舗です。ネット上でしか見ることができず、オンラインでしか注文できないため、「バーチャル」と呼ばれています。

バーチャルブランドは、必ずしもゴースト・キッチンから生まれるわけではなく、すでに利用している店舗のキッチンでつくられていることもあります。1つのレストランで複数のブランドを展開することができ、この機能によって多くの店が救われています。

バーチャルブランド レストラン

飲食店の経営者なら誰でも、今あるリソースでバーチャルブランドを立ち上げることができるのです。

なぜ、あなたのお店はバーチャルブランドをつくるべきなのでしょうか?

現代の消費者は、食べたことのない店で料理を注文することに抵抗がないため、新しいブランドをつくることには複数のメリットがあります。

  • デリバリーサイトを上手く活用する。複数のブランドを持つということは、Uber Eats、出前館などのサイトに同時に表示されることを意味します。現在、あなたがこれらのサイトに掲載している場合、それぞれ1回ずつ表示されます。しかし、2回、3回と掲載されるとしたらどうでしょう?
  • 売上アップを目指す。各サイトに3回ずつ掲載されると、集客力が3倍になり、注文や売上が3倍になる可能性があります。
  • キッチンスペースを活用する。もしお店に調理スペースがあるのなら、それを利用してみてはいかがでしょう。
  • 徹底的に無駄をなくし、今ある在庫を有効活用。すでに使っている食材でバーチャルブランドをつくり、在庫を有効活用できます。
  • キッチンで新たなチャレンジを。ブランドを増やせば、メインブランドの良さを変えることなく、新しいコンセプトや料理に挑戦することができます。
  • 費用対効果を高める。すでにあるリソース(スペース、スタッフ、食材)を使って、出資に対するリターンを大幅に高められます。
デリバリー用のバーチャルブランドのつくり方

5つのステップでバーチャル・ブランドをつくる方法

バーチャル・ブランドの魅力は、いかに簡単につくれるかということです。

既存の材料でさらなる利益を上げることを重視しています。それでは、飲食店のバーチャルブランドを構築するための5つのステップをご紹介します。

1. 市場調査

この記事を読んでいる方は、デリバリーを行っている飲食店経営者の可能性が高いのではないでしょうか。つまり、お客様のことをすでに理解しているということです。

バーチャルブランドを立ち上げる前に、新しい商品で魅了したい客層についてリサーチしておくことが重要です。デリバリーサイトにアクセスし、次のような質問をしてみましょう。

「自分の地域ではどんな料理が人気があるのか?」

「その地域に足りないものはないか?」

「提供されていない料理はあるか?」

例えば、ハンバーガーレストランが何店舗もあるようでしたら、 バーチャルブランドとしては不向きでしょう。しかし、それは、あなたの地域の人々が求めているタイプの食べ物でもあります。そこで、サンドイッチのブランドを立ち上げるのはどうでしょうか?

バーチャルブランドは配達拠点の距離に左右されるため、お客様の地域が判断の目安になることを覚えておいてください。お住まいの地域で何が最も効果的か、ご相談があれば、ハブスターのスタッフと提携先のFuture Foodsが、地域の市場をリサーチするお手伝いをします。

2. コンセプトを決める

地域の市場が何を求めているのかがわかったところで、現在のメニューについて考えてみましょう。一番売れているメニューは何か、それをどう活かせばいいのか。

例えば、ベジタリアン向けのメニューをいくつか用意して、それぞれのバーチャルブランドを立ち上げてみてはいかがでしょうか。

デザートが人気なら、オリジナルブランドを立ち上げるのもよいでしょう。

ディナータイムに多くの注文が入り、それ以外の時間にはほとんど注文が入らないのであれば、週末に朝食を提供したり、ランチタイムにその地域のオフィス向けのメニューを提供するのもおすすめです。

この段階で、自社のコンセプトが100%デリバリーに適合しているかを確認します。また、調理時間、利益率、温度、配達のしやすさなどの要素を考慮し、メインブランドで使用しているものと同様の食材を使用したシンプルな料理に着目するとよいでしょう。

キッチンを最大限に活用するために、さまざまなバーチャルブランドを試すことができます。バーチャルコンセプトの相談なら、ハブスターのスタッフと提携先のFuture Foodsが、デリバリーに合ったコンセプトを提案します。

3. ブランドを構築する

バーチャルブランドは、複雑な手続きや多額のコストは必要ありません。しかし、その見た目や使い勝手は非常に重要です。

お客様のコンセプトはデジタル上でしか存在しないため、デリバリーサイトで目立つようなブランドを持つことが重要です。例えば、センスのいいロゴ、きれいな写真、そしてイメージの一貫性といった要素が、競合他社との差別化につながります。このあたりは、ハブスターのチームとパートナーであるFuture Foodsにお任せください。

SNS上で発信することをお忘れなく。多くのお客さまは、InstagramやGoogleで検索してから注文を決めるかもしれません。

4. 事業計画を立てる

準備が整ったら、いよいよ販売方法を決めます。

デリバリーサイトは、インターネットの世界でしか存在しないため、知名度を上げるための宣伝の場として活用でき、強みを最大限に発揮できます。デリバリーサービスは、既存店舗と同様だと考えてください。

まずはじめに、お住まいの地域で利用可能なデリバリーサイトをリサーチし、どのサービスを利用するか決定してください。同時に、複数のサービスを検討しましょう。弊社クライアントのデータによると、1つ以上のデリバリーサイトに出店することで、収入が70%アップすると言われています。

一方で、複数のサイトを利用すると、店舗が混雑することがあります。特に、同じ場所で複数のブランドを扱う場合はなおさらです。しかし、ハブスターを使えば、1つのタブレットですべてのサイト、ブランドを管理でき、集計されたデータを一目で確認できます。

5.マーケティングの優先順位

デリバリーサイトのプロモーション、SNS、メルマガ、有料広告などを活用し、認知度と注文数をアップさせましょう。

バーチャルブランドで成功するための5つの秘訣をご紹介します

  • 品質第一。デリバリーのみで仕事をする場合、下準備と配達時間は重要なポイントです。しかし、料理のクオリティを落としてはいけません。スタッフが複数のブランドを管理してもサービスレベルに影響がでないよう、シンプルなコンセプトを考えるようにしましょう。
  • 梱包の重要性。デリバリーにおいて、梱包はブランドイメージの大きな部分を占めます。容器は、ゲストが料理をきちんと受け取れるようにするだけでなく、ブランドのイメージを映し出す大切なものです。
  • 実店舗を持たずにファンを増やす。お客様は、デリバリーサイトでしかあなたのブランドを知ることができません。一度注文したお客さまを固定客にするために、工夫を凝らすことが大切です。例えば、袋の中にお礼の手紙やクーポンを入れてみてはいかがでしょう?お客様に感謝の気持ちを伝えることができるならば、何でも構いません。
  • メニューと写真。デリバリーで成功するポイントとして、美しい料理写真は欠かせません。そのため、料理写真には力を入れて、見栄えを良くすることが大切です。
  • 宣伝活動。広告プロモーションは、デリバリーサイトで注目を集めるための最適なツールのひとつです。常連客向けのプロモーション、はじめてのお客さまへのデザート無料サービス、人気メニューの割引などさまざまな施策を行うことができます。

バーチャルブランドの実例:フィゲロア・フィリー

多くのレストラン経営者と同様に、フィゲロア・フィリーのダニー・ヒザミも2019年に複数のデリバリーサイトに登録しました。

​​「私は自分の店をもっと多くの人に知ってもらうため、ゴーストキッチンやフードトラック、バーチャルブランドなど、さまざまな可能性を探りはじめました。そこで見つけたのが、Future Foodsとハブスターでした。フィゲロア・フィリーは以前はKFCだったので、広いキッチンがあり、グリルも2つあります。そのスペースを利用して、新しいブランドを立ち上げ、より多くの注文にこたえられると考えました。」

バーチャル・レストランのつくり方

ダニー・ヒザミは、Future Foodsおよびハブスターのチームと提携し、普段はチーズステーキを中心に製造しているキッチンスペースを利用して、朝食用サンドイッチ、フライドチキン、タコスなど8種類のバーチャルブランドの製造を開始しました。「3週間ごとにFuture Foodsとハブスターのアカウントマネージャーと相談して、新しいことに挑戦しています」

バーチャルブランドの活用をお考えの飲食店様は、以下のフォームにご記入の上、お気軽にお問い合わせください!

What’s a Rich Text element?

The rich text element allows you to create and format headings, paragraphs, blockquotes, images, and video all in one place instead of having to add and format them individually. Just double-click and easily create content.

Static and dynamic content editing

A rich text element can be used with static or dynamic content. For static content, just drop it into any page and begin editing. For dynamic content, add a rich text field to any collection and then connect a rich text element to that field in the settings panel. Voila!

How to customize formatting for each rich text

Headings, paragraphs, blockquotes, figures, images, and figure captions can all be styled after a class is added to the rich text element using the "When inside of" nested selector system.

Latest blog posts

Sometimes you just want a little extra. Extra support. Extra features. Extra everything.
デリバリーで成功

2022年版、レストランのインスタグラムリールのアイディア27選

インスタグラムにアップされた何百もの飲食店のビデオを分析して、すぐに応用できる強力なインスタグラムのリールのアイディア27個をまとめました。

ハブスターについて

ハブスターの自動注文機能で、飲食店のデリバリー収入を月250ドル増加させる方法

ハブスターの自動注文機能によって、注文の取りこぼしを減らし、収益を増加できるようになります。

NEWS

流通業向けITシステム総合展「リテールテックJAPAN 2022」に出展

-ニューノーマル時代の店舗の進化を支えるプリンティングソリューションを展示-

ハブスターについて

ハブスター の無料トライアルを最大限に活用するための4つのヒント

ハブスターを最大限に活用する方法を、製品の使い方から、飲食店経営者であれば必要不可欠なソリューションについての情報をご紹介します。

デリバリーで成功

料理写真をプロ並みに撮影する5つの方法

おいしそうに見える料理の撮り方やテクニックを5つのポイントに押さえてご紹介します。

デリバリーで成功

配送に伴う諸費用を、あなたの商品のラインナップに反映させる方法

飲食業界のデリバリー需要が増え続ける中で、梱包代や配送に伴う費用など、調理以外にかかるコストを、どのようにプロダクトミックス(商品のラインナップ・PMIX)に反映させるのかを理解することは、これまで以上に重要になってきています。これからご紹介する簡単なステップから始めてみてください。

デリバリーで成功

飲食店へのネガティブな口コミの対処法

ネガティブな口コミがレストランの評判に良い影響を与えるために必要な、5つの簡単なステップ

デリバリーで成功

飲食店がバーチャルブランドを持つべき一番の理由

既存の店舗に加えてバーチャルブランドをつくることで、大きな投資をせずにデリバリー業界に参入でき、1店舗で複数のブランドを管理できます。

Solutions for enterprise customers

For restaurant groups with more than 10 locations, we love getting you up and running as smoothly and quickly as possible. Let us know what you need, and we’ll custom-tailor the right solution for your business. Let’s have a conversation about it.

Talk to someone

飲食店がバーチャルブランドを持つべき一番の理由

既存の店舗に加えてバーチャルブランドをつくることで、大きな投資をせずにデリバリー業界に参入でき、1店舗で複数のブランドを管理できます。

飲食店にバーチャルブランドが必要な理由

フードデリバリー市場が拡大していることは、決して特別なことではありません。

フードデリバリー業界は過去10年にわたり成長を続けており、コロナ禍による外出の規制によってこの傾向をさらに強めました。デリバリーを注文する人が何百万人もいることを知り、パンデミック以降も成長が続くという予測から、今では多くの飲食店がデリバリーを推進しています。

フードデリバリーアプリ利用者の増加

現在、さまざまなデリバリーアプリがあるため、店舗を掲載するだけでは不十分です。飲食店の知名度を上げることがとても重要になってきます。しかし、デリバリーアプリのアルゴリズムによってランキングやリーチが左右されるような状況で、どのように店舗の認知度をコントロールすればよいのでしょうか。そこで、飲食店のバーチャル・ブランドをつくることは、大きな投資をせずにデリバリーアプリを活用するための解決策になりつつあります。

飲食店の経営者の方で、バーチャルブランドについてもっと知りたい、あるいは自社で立ち上げることを検討されている方は、ぜひこの記事をご覧ください。

リアル店舗とバーチャル店舗

最近、飲食業界では、ダークキッチン、ゴーストキッチン、バーチャルレストラン......といった新しいコンセプトが数多く登場し、ついていくのが大変なほどです。

ゴーストキッチンは、飲食店側が宅配専用のスペースとして利用するものです。ゴーストキッチンには、スタッフもおらず、客席もありません。別名、ダークキッチン、バーチャルレストランとも呼ばれるゴーストキッチンは、デリバリーフード専門のスペースをつくりたい飲食チェーンと、ネット上だけに存在する飲食店の両方で活用できます。

一方、バーチャルブランドは、Uber Eats、出前館などのデリバリープラットフォーム上のデジタル店舗です。ネット上でしか見ることができず、オンラインでしか注文できないため、「バーチャル」と呼ばれています。

バーチャルブランドは、必ずしもゴースト・キッチンから生まれるわけではなく、すでに利用している店舗のキッチンでつくられていることもあります。1つのレストランで複数のブランドを展開することができ、この機能によって多くの店が救われています。

バーチャルブランド レストラン

飲食店の経営者なら誰でも、今あるリソースでバーチャルブランドを立ち上げることができるのです。

なぜ、あなたのお店はバーチャルブランドをつくるべきなのでしょうか?

現代の消費者は、食べたことのない店で料理を注文することに抵抗がないため、新しいブランドをつくることには複数のメリットがあります。

  • デリバリーサイトを上手く活用する。複数のブランドを持つということは、Uber Eats、出前館などのサイトに同時に表示されることを意味します。現在、あなたがこれらのサイトに掲載している場合、それぞれ1回ずつ表示されます。しかし、2回、3回と掲載されるとしたらどうでしょう?
  • 売上アップを目指す。各サイトに3回ずつ掲載されると、集客力が3倍になり、注文や売上が3倍になる可能性があります。
  • キッチンスペースを活用する。もしお店に調理スペースがあるのなら、それを利用してみてはいかがでしょう。
  • 徹底的に無駄をなくし、今ある在庫を有効活用。すでに使っている食材でバーチャルブランドをつくり、在庫を有効活用できます。
  • キッチンで新たなチャレンジを。ブランドを増やせば、メインブランドの良さを変えることなく、新しいコンセプトや料理に挑戦することができます。
  • 費用対効果を高める。すでにあるリソース(スペース、スタッフ、食材)を使って、出資に対するリターンを大幅に高められます。
デリバリー用のバーチャルブランドのつくり方

5つのステップでバーチャル・ブランドをつくる方法

バーチャル・ブランドの魅力は、いかに簡単につくれるかということです。

既存の材料でさらなる利益を上げることを重視しています。それでは、飲食店のバーチャルブランドを構築するための5つのステップをご紹介します。

1. 市場調査

この記事を読んでいる方は、デリバリーを行っている飲食店経営者の可能性が高いのではないでしょうか。つまり、お客様のことをすでに理解しているということです。

バーチャルブランドを立ち上げる前に、新しい商品で魅了したい客層についてリサーチしておくことが重要です。デリバリーサイトにアクセスし、次のような質問をしてみましょう。

「自分の地域ではどんな料理が人気があるのか?」

「その地域に足りないものはないか?」

「提供されていない料理はあるか?」

例えば、ハンバーガーレストランが何店舗もあるようでしたら、 バーチャルブランドとしては不向きでしょう。しかし、それは、あなたの地域の人々が求めているタイプの食べ物でもあります。そこで、サンドイッチのブランドを立ち上げるのはどうでしょうか?

バーチャルブランドは配達拠点の距離に左右されるため、お客様の地域が判断の目安になることを覚えておいてください。お住まいの地域で何が最も効果的か、ご相談があれば、ハブスターのスタッフと提携先のFuture Foodsが、地域の市場をリサーチするお手伝いをします。

2. コンセプトを決める

地域の市場が何を求めているのかがわかったところで、現在のメニューについて考えてみましょう。一番売れているメニューは何か、それをどう活かせばいいのか。

例えば、ベジタリアン向けのメニューをいくつか用意して、それぞれのバーチャルブランドを立ち上げてみてはいかがでしょうか。

デザートが人気なら、オリジナルブランドを立ち上げるのもよいでしょう。

ディナータイムに多くの注文が入り、それ以外の時間にはほとんど注文が入らないのであれば、週末に朝食を提供したり、ランチタイムにその地域のオフィス向けのメニューを提供するのもおすすめです。

この段階で、自社のコンセプトが100%デリバリーに適合しているかを確認します。また、調理時間、利益率、温度、配達のしやすさなどの要素を考慮し、メインブランドで使用しているものと同様の食材を使用したシンプルな料理に着目するとよいでしょう。

キッチンを最大限に活用するために、さまざまなバーチャルブランドを試すことができます。バーチャルコンセプトの相談なら、ハブスターのスタッフと提携先のFuture Foodsが、デリバリーに合ったコンセプトを提案します。

3. ブランドを構築する

バーチャルブランドは、複雑な手続きや多額のコストは必要ありません。しかし、その見た目や使い勝手は非常に重要です。

お客様のコンセプトはデジタル上でしか存在しないため、デリバリーサイトで目立つようなブランドを持つことが重要です。例えば、センスのいいロゴ、きれいな写真、そしてイメージの一貫性といった要素が、競合他社との差別化につながります。このあたりは、ハブスターのチームとパートナーであるFuture Foodsにお任せください。

SNS上で発信することをお忘れなく。多くのお客さまは、InstagramやGoogleで検索してから注文を決めるかもしれません。

4. 事業計画を立てる

準備が整ったら、いよいよ販売方法を決めます。

デリバリーサイトは、インターネットの世界でしか存在しないため、知名度を上げるための宣伝の場として活用でき、強みを最大限に発揮できます。デリバリーサービスは、既存店舗と同様だと考えてください。

まずはじめに、お住まいの地域で利用可能なデリバリーサイトをリサーチし、どのサービスを利用するか決定してください。同時に、複数のサービスを検討しましょう。弊社クライアントのデータによると、1つ以上のデリバリーサイトに出店することで、収入が70%アップすると言われています。

一方で、複数のサイトを利用すると、店舗が混雑することがあります。特に、同じ場所で複数のブランドを扱う場合はなおさらです。しかし、ハブスターを使えば、1つのタブレットですべてのサイト、ブランドを管理でき、集計されたデータを一目で確認できます。

5.マーケティングの優先順位

デリバリーサイトのプロモーション、SNS、メルマガ、有料広告などを活用し、認知度と注文数をアップさせましょう。

バーチャルブランドで成功するための5つの秘訣をご紹介します

  • 品質第一。デリバリーのみで仕事をする場合、下準備と配達時間は重要なポイントです。しかし、料理のクオリティを落としてはいけません。スタッフが複数のブランドを管理してもサービスレベルに影響がでないよう、シンプルなコンセプトを考えるようにしましょう。
  • 梱包の重要性。デリバリーにおいて、梱包はブランドイメージの大きな部分を占めます。容器は、ゲストが料理をきちんと受け取れるようにするだけでなく、ブランドのイメージを映し出す大切なものです。
  • 実店舗を持たずにファンを増やす。お客様は、デリバリーサイトでしかあなたのブランドを知ることができません。一度注文したお客さまを固定客にするために、工夫を凝らすことが大切です。例えば、袋の中にお礼の手紙やクーポンを入れてみてはいかがでしょう?お客様に感謝の気持ちを伝えることができるならば、何でも構いません。
  • メニューと写真。デリバリーで成功するポイントとして、美しい料理写真は欠かせません。そのため、料理写真には力を入れて、見栄えを良くすることが大切です。
  • 宣伝活動。広告プロモーションは、デリバリーサイトで注目を集めるための最適なツールのひとつです。常連客向けのプロモーション、はじめてのお客さまへのデザート無料サービス、人気メニューの割引などさまざまな施策を行うことができます。

バーチャルブランドの実例:フィゲロア・フィリー

多くのレストラン経営者と同様に、フィゲロア・フィリーのダニー・ヒザミも2019年に複数のデリバリーサイトに登録しました。

​​「私は自分の店をもっと多くの人に知ってもらうため、ゴーストキッチンやフードトラック、バーチャルブランドなど、さまざまな可能性を探りはじめました。そこで見つけたのが、Future Foodsとハブスターでした。フィゲロア・フィリーは以前はKFCだったので、広いキッチンがあり、グリルも2つあります。そのスペースを利用して、新しいブランドを立ち上げ、より多くの注文にこたえられると考えました。」

バーチャル・レストランのつくり方

ダニー・ヒザミは、Future Foodsおよびハブスターのチームと提携し、普段はチーズステーキを中心に製造しているキッチンスペースを利用して、朝食用サンドイッチ、フライドチキン、タコスなど8種類のバーチャルブランドの製造を開始しました。「3週間ごとにFuture Foodsとハブスターのアカウントマネージャーと相談して、新しいことに挑戦しています」

バーチャルブランドの活用をお考えの飲食店様は、以下のフォームにご記入の上、お気軽にお問い合わせください!

Submitting this form means you’ve agreed to our Terms of Service.
Download icon
Next article

Learn more about Otter's integrations

This is some placeholder text by Ollie.

最近の投稿

お客様の声をもとにした感動的なストーリーや、ヒント、ガイドをご紹介します。