ハブスターについて

ハブスターの自動注文機能で、飲食店のデリバリー収入を月250ドル増加させる方法

June 8, 2022

飲食店では常に複数の業務を同時にこなしています。そのため、注文を取りこぼしていることも少なくありません。

飲食業界を経験している方なら誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。ランチタイムの忙しい時間帯に、何人かの配達員が注文を待っていたり、デリバリーの注文がどんどん入ったり、タブレットがひっきりなしに鳴る状態を……。スタッフは配達員への対応、お客様との電話対応、デリバリーの注文管理に追われ、店内は混乱した状態になります。このような状況の中で、本来なら受けることができた注文を逃し、結果的に収入の減少やお客様の不満につながっているのです。
特に、コロナ禍においては、レストランでの食事ができない状況になることもあります。そのため、一人ひとりの注文を受け取ることはとても重要です。デリバリーのオーダーもハブスターの機能を使えば、難しいことではなくなります。

ハブスターの自動注文機能によって、デリバリー業務が簡単になり、どうやって利益につながるかを詳しくご説明します。

Trying to keep up with restaurant delivery orders

ハブスターの自動注文機能で業務を効率化し、ストレスを軽減する方法

ハブスターのオーダーマネージャーは、デリバリーの注文管理を1台のタブレットにまとめて管理し、通知音を鳴らします。そのため、注文のタイミングやドライバーへの引き渡しまでがスムーズになり、食事をより早く届けられるようになります。これによって、顧客満足度が上がるだけでなく、業務が効率的になり、オーダー漏れを減らすことでお店の収益も向上させます。ハブスターの自動注文機能について詳しくみていきましょう。

お店の状況によって、デリバリー注文を受け付けられるとき、受けられないときがありますよね。そんなときは、ハブスターの自動注文機能を使えば、手動受付と自動受付を切り替えられるため、店舗の状況に合わせてデリバリーをコントロールできます。

いざというとき、ワンクリックで手動受付に切り替えられます。:キッチンがすべての注文に応えられない場合は、準備時間を遅らせることができます。

​​業務がスムーズに進んだら、ハブスターの自動注文機能をオンにしましょう。人の手を借りずに、すべての注文を瞬時に受け取ることができる機能です。自動注文機能は、手動入力のミスを減らし、お店に届いたすべての注文を確実にこなすことで、収益を増加させます。ハブスターのオーダーマネージャーは、POSシステムとの統合も可能です。すべての注文を自動で受け付け、注文は直接キッチンに送信されます。手動での注文受付と自動受付を切り替えられるため、デリバリー注文の運用をまとめて管理できます。

simplify and succeed in restaurant delivery

ハブスターの自動注文機能の実例

単純な手動入力のミスによって注文を逃しているのは、あなただけではありません。ハブスターの自動注文機能を利用する前は、多くの飲食店が「注文を逃してしまうことが多く、その理由がわからない」と話しているのを聞いたことがあります。ハブスターの自動注文機能は、そんな私たちにとっての救世主でした。シンプルな操作のおかげで、注文を逃すことがなくなりました。

ハブスターと出会う前は、注文を管理するのは悪夢のようなものでした。注文を見逃したり、間違えたり...そのプロセスに圧倒され、一日中、タブレットから別のタブレットに移って注文を追いかけおり、とても大変でした。

しかし、ハブスターのオーダーマネージャーと自動注文機能を使いはじめると、注文量が増える一方でミスが減りました。おかげで、今ではより多くの注文を処理できるようになりました。スタッフのストレスも軽減され、お客様が注文した通りのものをすぐに受け取れるようになったため、全体的な顧客満足度も向上しました。また、複数のタブレットで注文を追跡していた時間を料理の開発、人材育成、店舗の成長、そして楽しむことに時間を増やせるようになりました 。

自動注文機能は本当に収益に貢献するのか?

ハブスターの自動注文機能を使う前と比較すると、平均的で1カ月に250ドルの注文を逃していました。

これは、1日約9ドル、1週間で62ドル、1カ月で250ドル、1年で3,000ドルにもなります。一見、それほど大きな数字ではありませんが1日に9ドルの注文を逃すことが、顧客の視点から見てどのような意味を持つかを考えてみましょう。

1日9ドルの注文の取り逃がしが1つの注文、1人の顧客に相当すると、毎日、顧客の1人があなたの店舗で注文を受けられないということです。すると、そのお客様は批判的なレビューを残し、店舗を利用しなくなるかもしれません。人為的なミスによる注文漏れは、簡単に解決できる問題ですので、それをコントロールしない手はありません。

ハブスターの自動注文機能を導入するれば、毎月250ドルの受注漏れが劇的に減少します。

increase restaurant delivery revenue

ハブスターの自動注文機能があなたの店舗にどのようなメリットをもたらすか、今すぐご確認ください。

「実際に体験してみたい」という方は、今すぐ無料体験版をお申し込みください。ワンクリックでハブスターの自動注文機能を体験できます。

What’s a Rich Text element?

The rich text element allows you to create and format headings, paragraphs, blockquotes, images, and video all in one place instead of having to add and format them individually. Just double-click and easily create content.

Static and dynamic content editing

A rich text element can be used with static or dynamic content. For static content, just drop it into any page and begin editing. For dynamic content, add a rich text field to any collection and then connect a rich text element to that field in the settings panel. Voila!

How to customize formatting for each rich text

Headings, paragraphs, blockquotes, figures, images, and figure captions can all be styled after a class is added to the rich text element using the "When inside of" nested selector system.

Latest blog posts

Sometimes you just want a little extra. Extra support. Extra features. Extra everything.
デリバリーで成功

2022年版、レストランのインスタグラムリールのアイディア27選

インスタグラムにアップされた何百もの飲食店のビデオを分析して、すぐに応用できる強力なインスタグラムのリールのアイディア27個をまとめました。

ハブスターについて

ハブスターの自動注文機能で、飲食店のデリバリー収入を月250ドル増加させる方法

ハブスターの自動注文機能によって、注文の取りこぼしを減らし、収益を増加できるようになります。

NEWS

流通業向けITシステム総合展「リテールテックJAPAN 2022」に出展

-ニューノーマル時代の店舗の進化を支えるプリンティングソリューションを展示-

ハブスターについて

ハブスター の無料トライアルを最大限に活用するための4つのヒント

ハブスターを最大限に活用する方法を、製品の使い方から、飲食店経営者であれば必要不可欠なソリューションについての情報をご紹介します。

デリバリーで成功

料理写真をプロ並みに撮影する5つの方法

おいしそうに見える料理の撮り方やテクニックを5つのポイントに押さえてご紹介します。

デリバリーで成功

配送に伴う諸費用を、あなたの商品のラインナップに反映させる方法

飲食業界のデリバリー需要が増え続ける中で、梱包代や配送に伴う費用など、調理以外にかかるコストを、どのようにプロダクトミックス(商品のラインナップ・PMIX)に反映させるのかを理解することは、これまで以上に重要になってきています。これからご紹介する簡単なステップから始めてみてください。

デリバリーで成功

飲食店へのネガティブな口コミの対処法

ネガティブな口コミがレストランの評判に良い影響を与えるために必要な、5つの簡単なステップ

デリバリーで成功

飲食店がバーチャルブランドを持つべき一番の理由

既存の店舗に加えてバーチャルブランドをつくることで、大きな投資をせずにデリバリー業界に参入でき、1店舗で複数のブランドを管理できます。

Solutions for enterprise customers

For restaurant groups with more than 10 locations, we love getting you up and running as smoothly and quickly as possible. Let us know what you need, and we’ll custom-tailor the right solution for your business. Let’s have a conversation about it.

Talk to someone

ハブスターの自動注文機能で、飲食店のデリバリー収入を月250ドル増加させる方法

ハブスターの自動注文機能によって、注文の取りこぼしを減らし、収益を増加できるようになります。

飲食店では常に複数の業務を同時にこなしています。そのため、注文を取りこぼしていることも少なくありません。

飲食業界を経験している方なら誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。ランチタイムの忙しい時間帯に、何人かの配達員が注文を待っていたり、デリバリーの注文がどんどん入ったり、タブレットがひっきりなしに鳴る状態を……。スタッフは配達員への対応、お客様との電話対応、デリバリーの注文管理に追われ、店内は混乱した状態になります。このような状況の中で、本来なら受けることができた注文を逃し、結果的に収入の減少やお客様の不満につながっているのです。
特に、コロナ禍においては、レストランでの食事ができない状況になることもあります。そのため、一人ひとりの注文を受け取ることはとても重要です。デリバリーのオーダーもハブスターの機能を使えば、難しいことではなくなります。

ハブスターの自動注文機能によって、デリバリー業務が簡単になり、どうやって利益につながるかを詳しくご説明します。

Trying to keep up with restaurant delivery orders

ハブスターの自動注文機能で業務を効率化し、ストレスを軽減する方法

ハブスターのオーダーマネージャーは、デリバリーの注文管理を1台のタブレットにまとめて管理し、通知音を鳴らします。そのため、注文のタイミングやドライバーへの引き渡しまでがスムーズになり、食事をより早く届けられるようになります。これによって、顧客満足度が上がるだけでなく、業務が効率的になり、オーダー漏れを減らすことでお店の収益も向上させます。ハブスターの自動注文機能について詳しくみていきましょう。

お店の状況によって、デリバリー注文を受け付けられるとき、受けられないときがありますよね。そんなときは、ハブスターの自動注文機能を使えば、手動受付と自動受付を切り替えられるため、店舗の状況に合わせてデリバリーをコントロールできます。

いざというとき、ワンクリックで手動受付に切り替えられます。:キッチンがすべての注文に応えられない場合は、準備時間を遅らせることができます。

​​業務がスムーズに進んだら、ハブスターの自動注文機能をオンにしましょう。人の手を借りずに、すべての注文を瞬時に受け取ることができる機能です。自動注文機能は、手動入力のミスを減らし、お店に届いたすべての注文を確実にこなすことで、収益を増加させます。ハブスターのオーダーマネージャーは、POSシステムとの統合も可能です。すべての注文を自動で受け付け、注文は直接キッチンに送信されます。手動での注文受付と自動受付を切り替えられるため、デリバリー注文の運用をまとめて管理できます。

simplify and succeed in restaurant delivery

ハブスターの自動注文機能の実例

単純な手動入力のミスによって注文を逃しているのは、あなただけではありません。ハブスターの自動注文機能を利用する前は、多くの飲食店が「注文を逃してしまうことが多く、その理由がわからない」と話しているのを聞いたことがあります。ハブスターの自動注文機能は、そんな私たちにとっての救世主でした。シンプルな操作のおかげで、注文を逃すことがなくなりました。

ハブスターと出会う前は、注文を管理するのは悪夢のようなものでした。注文を見逃したり、間違えたり...そのプロセスに圧倒され、一日中、タブレットから別のタブレットに移って注文を追いかけおり、とても大変でした。

しかし、ハブスターのオーダーマネージャーと自動注文機能を使いはじめると、注文量が増える一方でミスが減りました。おかげで、今ではより多くの注文を処理できるようになりました。スタッフのストレスも軽減され、お客様が注文した通りのものをすぐに受け取れるようになったため、全体的な顧客満足度も向上しました。また、複数のタブレットで注文を追跡していた時間を料理の開発、人材育成、店舗の成長、そして楽しむことに時間を増やせるようになりました 。

自動注文機能は本当に収益に貢献するのか?

ハブスターの自動注文機能を使う前と比較すると、平均的で1カ月に250ドルの注文を逃していました。

これは、1日約9ドル、1週間で62ドル、1カ月で250ドル、1年で3,000ドルにもなります。一見、それほど大きな数字ではありませんが1日に9ドルの注文を逃すことが、顧客の視点から見てどのような意味を持つかを考えてみましょう。

1日9ドルの注文の取り逃がしが1つの注文、1人の顧客に相当すると、毎日、顧客の1人があなたの店舗で注文を受けられないということです。すると、そのお客様は批判的なレビューを残し、店舗を利用しなくなるかもしれません。人為的なミスによる注文漏れは、簡単に解決できる問題ですので、それをコントロールしない手はありません。

ハブスターの自動注文機能を導入するれば、毎月250ドルの受注漏れが劇的に減少します。

increase restaurant delivery revenue

ハブスターの自動注文機能があなたの店舗にどのようなメリットをもたらすか、今すぐご確認ください。

「実際に体験してみたい」という方は、今すぐ無料体験版をお申し込みください。ワンクリックでハブスターの自動注文機能を体験できます。

Submitting this form means you’ve agreed to our Terms of Service.
Download icon
Next article

Learn more about Otter's integrations

This is some placeholder text by Ollie.

最近の投稿

お客様の声をもとにした感動的なストーリーや、ヒント、ガイドをご紹介します。