事例

ベニスビーチで人気のベジタリアンカフェ「ブッチャーズ・ドーター」|カリ・ヘンドリック

May 31, 2022

‍LA市民がこよなく愛するベジタリアンカフェ「ブッチャーズ・ドーター」の実店舗を超えた魅力に迫る!

LAでベジタリアンカフェ「ブッチャーズ・ドーター」を経営するカリ・ヘンドリック氏に、外食産業や世界の状況に不安を抱いているレストラン経営者たちに向けて、”アドバイスできることはないか”とたずねたところ、ひとつのアドバイスをいただきました。

「やるしかない!」ということです。「長期化しているコロナ禍によってレストランの一時的な閉店に嫌気がさして、もうたくさんという方も多いはずです。しかし、こんな状況下であってもやってみるしかないのです。そうすれば、クリエイティブでやる気のある若い人たちの目は再び輝きを取り戻し、たくさんのチャンスを手に入れることができます。

レストランは、食と文化、コミュニティが混ざり合う場所です。その場所をつくることこそが今、私たちが本当に必要としていることです。」

「ザ・ブッチャーズ・ドーター・ロサンゼルス」オペレーション・ディレクター カリ・ヘンドリック氏。

ブッチャーズドーターの理念

ロサンゼルスの‍アボット・キニー通りにある「ザ・ブッチャーズ・ドーター」に行ったことがある人は、料理のおいしさと雰囲気の良さを知っているはずです。そのコンセプトと空間は、まさに南カリフォルニアそのものです。ロサンゼルス市民に愛されている「ブッチャーズ・ドーター」のコンセプトは、「肉屋が肉を扱うように果物や野菜を扱う:切り、フィレ、切り分ける」ことです。「誰もが気軽に楽しめるようにする」ことで、食のトレンドに左右され、常に新しいものを求めることで有名なこの街のあり方に挑戦しています。

例えば、ブッチャーズに来て、ベジタリアンフードを食べたからと言って、無理に気づきを得る必要はありません。「30日間肉を食べない」というような厳密なものでなくてもいいのです。おいしい食事は誰でも気軽に楽しめるべきです。ブッチャーズではすべての人を心から歓迎しています。

ブッチャーズドーターのコンセプトは、料理だけでなく、環境問題にも通じています。温かみのある木材、タイダイ染めのソファカバー、フックに吊るされた美しい植物、磨き上げられたブロンズの食器、手ざわりの良い籐、そしてホワイトレンガが織りなす居心地の良い空間です。

そんな、ブッチャーズドーターもオンライン注文に対応するため、その完璧な環境から脱却しなければならなくなったのです。

ザ・ブッチャーズ・ドーター・ロサンゼルス

「いかにして人々に感動を与えるか、そのために4つのルールをつくる必要がありました。

何もかもが変わりましたが、そのおかげで、レストランでの体験をお客様の家に直接届けるチャンスを見つけることができました。」

ボデガ・ボックス

ザ・ブッチャーズ・ドーターの世界をデリバリーでお届け

ザ・ブッチャーズ・ドーターがデリバリービジネスをはじめることは、今までの環境をすべて変えることを意味しました。コロナ禍によって、私たちの仕事から魔法を少し取り去ってしまったような気がしました。ロックダウンも4週間目になると、"これは楽しくない "と思うようになりました。

そこで、みんなで集まって、あの魔法を取り戻すために何ができるかを考えたんです。「ボデガ・ボックス」は、2x3の木箱にテイクアウトの商品を詰めたものです。

​​このボデガ・ボックスは、ブッチャーズの一部を自宅に持ち帰ることができるため、多くの人に受け入れられました。その結果、たくさんのブッチャーズが売れたため、最終的には15箱ほどのテイクアウトボックスを企画しました。コロナ禍でなければ、思いつかなかった、新しいチャンスに恵まれたのです。

新しいザ・ブッチャーズ・ドーターのあり方を模索する中で、複数のデリバリー管理サイトに登録をしたのですが、それぞれのコードやタブレットによって、実店舗のスペースがどんどん狭くなっていきました。そして、増えていくタブレットと運用に頭を悩ませていました。中には、タブレットが壊れたり、顧客対応が悪かったりで、とても困っていました。

ハブスターとの出会いでオンライン注文が簡単に、より効率的に。

オペレーション・ディレクター カリ・ヘンドリック氏は、スタッフが働きやすくなるように、ハブスターに登録しました。

私は、テクノロジーとの「中間」にいます。ミレニアル世代ではないので、テクノロジーには鈍感な部分もありますが、アプリのことは理解しています。ハブスターは1台のタブレットで完結します。デザインもよく、シンプルで直感的な動作なので、誰でも簡単に操作ができます。最初だけ、システムを理解する必要がありますが、タブレットが一つにまとまったおかげで、どんなスタッフでも使いやすくなりました。ハブスターに出会い、多くの悩みが解消されました。

またコロナ禍によって訪れた史上最も忙しいテイクアウト&デリバリーの時期に、新しいサービスを利用することは、「怖たかったですが、スムーズに移行することができました。」とカリ・ヘンドリック氏は語っています。手続きはとても簡単でしたし、ハブスターのスタッフが常にサポートをして、助けてくれました。

「私たちは生き抜くことができました。黒字回復に向けて努力できたことにとても感謝しています」

ザ・ブッチャーズ・ドーター/コールドプレスジュース、パッタイ、チャラ

What’s a Rich Text element?

The rich text element allows you to create and format headings, paragraphs, blockquotes, images, and video all in one place instead of having to add and format them individually. Just double-click and easily create content.

Static and dynamic content editing

A rich text element can be used with static or dynamic content. For static content, just drop it into any page and begin editing. For dynamic content, add a rich text field to any collection and then connect a rich text element to that field in the settings panel. Voila!

How to customize formatting for each rich text

Headings, paragraphs, blockquotes, figures, images, and figure captions can all be styled after a class is added to the rich text element using the "When inside of" nested selector system.

Latest blog posts

Sometimes you just want a little extra. Extra support. Extra features. Extra everything.
デリバリーで成功

2022年版、レストランのインスタグラムリールのアイディア27選

インスタグラムにアップされた何百もの飲食店のビデオを分析して、すぐに応用できる強力なインスタグラムのリールのアイディア27個をまとめました。

ハブスターについて

ハブスターの自動注文機能で、飲食店のデリバリー収入を月250ドル増加させる方法

ハブスターの自動注文機能によって、注文の取りこぼしを減らし、収益を増加できるようになります。

NEWS

流通業向けITシステム総合展「リテールテックJAPAN 2022」に出展

-ニューノーマル時代の店舗の進化を支えるプリンティングソリューションを展示-

ハブスターについて

ハブスター の無料トライアルを最大限に活用するための4つのヒント

ハブスターを最大限に活用する方法を、製品の使い方から、飲食店経営者であれば必要不可欠なソリューションについての情報をご紹介します。

デリバリーで成功

料理写真をプロ並みに撮影する5つの方法

おいしそうに見える料理の撮り方やテクニックを5つのポイントに押さえてご紹介します。

デリバリーで成功

配送に伴う諸費用を、あなたの商品のラインナップに反映させる方法

飲食業界のデリバリー需要が増え続ける中で、梱包代や配送に伴う費用など、調理以外にかかるコストを、どのようにプロダクトミックス(商品のラインナップ・PMIX)に反映させるのかを理解することは、これまで以上に重要になってきています。これからご紹介する簡単なステップから始めてみてください。

デリバリーで成功

飲食店へのネガティブな口コミの対処法

ネガティブな口コミがレストランの評判に良い影響を与えるために必要な、5つの簡単なステップ

デリバリーで成功

飲食店がバーチャルブランドを持つべき一番の理由

既存の店舗に加えてバーチャルブランドをつくることで、大きな投資をせずにデリバリー業界に参入でき、1店舗で複数のブランドを管理できます。

Solutions for enterprise customers

For restaurant groups with more than 10 locations, we love getting you up and running as smoothly and quickly as possible. Let us know what you need, and we’ll custom-tailor the right solution for your business. Let’s have a conversation about it.

Talk to someone

ベニスビーチで人気のベジタリアンカフェ「ブッチャーズ・ドーター」|カリ・ヘンドリック

‍LA市民がこよなく愛するベジタリアンカフェ「ブッチャーズ・ドーター」の実店舗を超えた魅力に迫る!

‍LA市民がこよなく愛するベジタリアンカフェ「ブッチャーズ・ドーター」の実店舗を超えた魅力に迫る!

LAでベジタリアンカフェ「ブッチャーズ・ドーター」を経営するカリ・ヘンドリック氏に、外食産業や世界の状況に不安を抱いているレストラン経営者たちに向けて、”アドバイスできることはないか”とたずねたところ、ひとつのアドバイスをいただきました。

「やるしかない!」ということです。「長期化しているコロナ禍によってレストランの一時的な閉店に嫌気がさして、もうたくさんという方も多いはずです。しかし、こんな状況下であってもやってみるしかないのです。そうすれば、クリエイティブでやる気のある若い人たちの目は再び輝きを取り戻し、たくさんのチャンスを手に入れることができます。

レストランは、食と文化、コミュニティが混ざり合う場所です。その場所をつくることこそが今、私たちが本当に必要としていることです。」

「ザ・ブッチャーズ・ドーター・ロサンゼルス」オペレーション・ディレクター カリ・ヘンドリック氏。

ブッチャーズドーターの理念

ロサンゼルスの‍アボット・キニー通りにある「ザ・ブッチャーズ・ドーター」に行ったことがある人は、料理のおいしさと雰囲気の良さを知っているはずです。そのコンセプトと空間は、まさに南カリフォルニアそのものです。ロサンゼルス市民に愛されている「ブッチャーズ・ドーター」のコンセプトは、「肉屋が肉を扱うように果物や野菜を扱う:切り、フィレ、切り分ける」ことです。「誰もが気軽に楽しめるようにする」ことで、食のトレンドに左右され、常に新しいものを求めることで有名なこの街のあり方に挑戦しています。

例えば、ブッチャーズに来て、ベジタリアンフードを食べたからと言って、無理に気づきを得る必要はありません。「30日間肉を食べない」というような厳密なものでなくてもいいのです。おいしい食事は誰でも気軽に楽しめるべきです。ブッチャーズではすべての人を心から歓迎しています。

ブッチャーズドーターのコンセプトは、料理だけでなく、環境問題にも通じています。温かみのある木材、タイダイ染めのソファカバー、フックに吊るされた美しい植物、磨き上げられたブロンズの食器、手ざわりの良い籐、そしてホワイトレンガが織りなす居心地の良い空間です。

そんな、ブッチャーズドーターもオンライン注文に対応するため、その完璧な環境から脱却しなければならなくなったのです。

ザ・ブッチャーズ・ドーター・ロサンゼルス

「いかにして人々に感動を与えるか、そのために4つのルールをつくる必要がありました。

何もかもが変わりましたが、そのおかげで、レストランでの体験をお客様の家に直接届けるチャンスを見つけることができました。」

ボデガ・ボックス

ザ・ブッチャーズ・ドーターの世界をデリバリーでお届け

ザ・ブッチャーズ・ドーターがデリバリービジネスをはじめることは、今までの環境をすべて変えることを意味しました。コロナ禍によって、私たちの仕事から魔法を少し取り去ってしまったような気がしました。ロックダウンも4週間目になると、"これは楽しくない "と思うようになりました。

そこで、みんなで集まって、あの魔法を取り戻すために何ができるかを考えたんです。「ボデガ・ボックス」は、2x3の木箱にテイクアウトの商品を詰めたものです。

​​このボデガ・ボックスは、ブッチャーズの一部を自宅に持ち帰ることができるため、多くの人に受け入れられました。その結果、たくさんのブッチャーズが売れたため、最終的には15箱ほどのテイクアウトボックスを企画しました。コロナ禍でなければ、思いつかなかった、新しいチャンスに恵まれたのです。

新しいザ・ブッチャーズ・ドーターのあり方を模索する中で、複数のデリバリー管理サイトに登録をしたのですが、それぞれのコードやタブレットによって、実店舗のスペースがどんどん狭くなっていきました。そして、増えていくタブレットと運用に頭を悩ませていました。中には、タブレットが壊れたり、顧客対応が悪かったりで、とても困っていました。

ハブスターとの出会いでオンライン注文が簡単に、より効率的に。

オペレーション・ディレクター カリ・ヘンドリック氏は、スタッフが働きやすくなるように、ハブスターに登録しました。

私は、テクノロジーとの「中間」にいます。ミレニアル世代ではないので、テクノロジーには鈍感な部分もありますが、アプリのことは理解しています。ハブスターは1台のタブレットで完結します。デザインもよく、シンプルで直感的な動作なので、誰でも簡単に操作ができます。最初だけ、システムを理解する必要がありますが、タブレットが一つにまとまったおかげで、どんなスタッフでも使いやすくなりました。ハブスターに出会い、多くの悩みが解消されました。

またコロナ禍によって訪れた史上最も忙しいテイクアウト&デリバリーの時期に、新しいサービスを利用することは、「怖たかったですが、スムーズに移行することができました。」とカリ・ヘンドリック氏は語っています。手続きはとても簡単でしたし、ハブスターのスタッフが常にサポートをして、助けてくれました。

「私たちは生き抜くことができました。黒字回復に向けて努力できたことにとても感謝しています」

ザ・ブッチャーズ・ドーター/コールドプレスジュース、パッタイ、チャラ

Submitting this form means you’ve agreed to our Terms of Service.
Download icon
Next article

Learn more about Otter's integrations

This is some placeholder text by Ollie.

最近の投稿

お客様の声をもとにした感動的なストーリーや、ヒント、ガイドをご紹介します。