デリバリーで成功

フードデリバリーを成功に導く、理想的なメニューの作り方

June 20, 2022

もしあなたがハブスターに登録されたなら、デリバリーの成功に向けた大きな一歩を踏み出されたことでしょう。全ての注文を1つのタブレットに集約し、複数のデリバリーサービスを一挙に把握し、稼働率を上げて、ミスを減らし、同時にスケジュール管理をして、お客様のニーズを調査して、更にはビジネスのより一層の改善方法をカスタマーサポートと相談しているのではないでしょうか。

あなたがデリバリーを成功させるために最善を尽くしているのは火を見るより明らかです。しかし、あなたがデリバリービジネスを更に加速させたいのであれば、オンライン注文用のメニューをより効率的なものにしてみては如何でしょうか?このページでは、最新のオンライン注文の流れと、デリバリーサービスの業績を向上させるための効率的なデリバリーメニューの作り方をご紹介します。

理想的なデリバリーメニューを作るための秘訣

デリバリーメニューの中の、何が残り、何が消え、何が追加されるかを考える時、大切な5つのポイントがあります。まず、シンプルであること、店舗での食事体験に忠実なこと、人気順に並べること、味と同じくらい見た目にも気を配ること、頻繁に最適な商品に調整することです。

ステップ1: 簡潔かつシンプルに。

オンラインで料理を注文する場合、私たちは皆、すぐに優柔不断になってしまいます。選択肢が無限にあり圧倒されてしまうためです。ハブスターのお客様には、メニューの総数を15品目以内に抑えることをお勧めしています。

ほとんどの飲食店の店頭メニューは15品目以上あるので、デリバリー用に品目を削る際には以下の点を考慮してください。

  1. 配送用の包装に耐えられるか?
  2. 食感が保てるような食材か?
  3. 冷めてしまったり、ベチャベチャになるまでにどれくらい時間がかかるか?
  4. この商品を用意するにはどのくらいの時間が必要か?従業員は短時間で十分な量を準備できるのか?
  5. 利益率の高い商品か?

ステップ2:買い物かごが大きくなるように最適化。

15品目のうち、半分程度をメインディッシュにして、残りの品目は前菜、サイドメニュー、ドリンク、デザートを組み合わせることで、店内での食事と同じような体験をしてもらい、結果的に買い物かごを大きくすることができます。コース料理の組み合わせ以外にも、(前菜、メイン、デザート、サイドメニュー、ドリンク)と、コース別に商品を分けたり、メインディッシュにはコンボやトッピングなどの要素を盛り込むことをお勧めします。


ステップ3: 1番人気の商品を上位に置く。

デリバリーサービスでは、飲食店の選択肢が無限にあるため、1番人気の(そして利益率の高い)商品をメニューの1番上に置くようにしましょう。そうすることで、最も愛されてる商品をまず体験してもらい、顧客満足度やレビューの向上に繋げます。

ステップ4:メニューの見た目や説明も、おいしそうな商品のイメージが膨らむものにする。

お腹が空いている人は美味しそうな料理を注文するものですよね。これは当たり前の事ですが、デリバリーサービスにとって大事な考えです。各メニューには、食べる人がその料理の味を想像できるような言葉で、詳細な説明をつけてください。また、説明文だけでなく、見た目にも気をつけ、料理の写真を見せることで、他の店との差別化を図ります。料理の写真の上手な撮り方が気になる方は、「料理写真をプロ並みに撮影する5つの方法」 の記事をご覧ください。

ステップ5:うまくいってるものと、いないものを記録し、状況に応じて最適化する。

「人間とは物事を繰り返す存在である」というフレーズを聞いたことがあるでしょうか。習慣とは、それほど重大なものなのです。これは人生に関しての格言ですが、デリバリーサービスにも当てはまります。注文された料理の傾向、フィードバックやレビュー、パフォーマンスデータを記録し、時間をかけて最適化を続けてください。もしあなたが、「場所、商品、デリバリーサービスごとのインサイトも含めた、まとまったパフォーマンスデータがあれば便利なのに」とお考えでしたら、ぜひハブスターのビジネスマネージャー製品をチェックしてみてください。

デリバリーメニューを最適化するメリット

デリバリーメニューを最適化するには確かに努力が必要ですが、その分の価値があります。消費者の25%が通常の店舗での飲食と比較して、デリバリーの注文でより多く消費すると答え、

デリバリー業界は2014年から、店舗型の経営より300%速く成長しています。デリバリーで成功するために尽力してくれるパートナーをお探しでしたら、是非Hubsterをご活用ください。

What’s a Rich Text element?

The rich text element allows you to create and format headings, paragraphs, blockquotes, images, and video all in one place instead of having to add and format them individually. Just double-click and easily create content.

Static and dynamic content editing

A rich text element can be used with static or dynamic content. For static content, just drop it into any page and begin editing. For dynamic content, add a rich text field to any collection and then connect a rich text element to that field in the settings panel. Voila!

How to customize formatting for each rich text

Headings, paragraphs, blockquotes, figures, images, and figure captions can all be styled after a class is added to the rich text element using the "When inside of" nested selector system.

Latest blog posts

Sometimes you just want a little extra. Extra support. Extra features. Extra everything.
デリバリーで成功

2022年版、レストランのインスタグラムリールのアイディア27選

インスタグラムにアップされた何百もの飲食店のビデオを分析して、すぐに応用できる強力なインスタグラムのリールのアイディア27個をまとめました。

ハブスターについて

ハブスターの自動注文機能で、飲食店のデリバリー収入を月250ドル増加させる方法

ハブスターの自動注文機能によって、注文の取りこぼしを減らし、収益を増加できるようになります。

NEWS

流通業向けITシステム総合展「リテールテックJAPAN 2022」に出展

-ニューノーマル時代の店舗の進化を支えるプリンティングソリューションを展示-

ハブスターについて

ハブスター の無料トライアルを最大限に活用するための4つのヒント

ハブスターを最大限に活用する方法を、製品の使い方から、飲食店経営者であれば必要不可欠なソリューションについての情報をご紹介します。

デリバリーで成功

料理写真をプロ並みに撮影する5つの方法

おいしそうに見える料理の撮り方やテクニックを5つのポイントに押さえてご紹介します。

デリバリーで成功

配送に伴う諸費用を、あなたの商品のラインナップに反映させる方法

飲食業界のデリバリー需要が増え続ける中で、梱包代や配送に伴う費用など、調理以外にかかるコストを、どのようにプロダクトミックス(商品のラインナップ・PMIX)に反映させるのかを理解することは、これまで以上に重要になってきています。これからご紹介する簡単なステップから始めてみてください。

デリバリーで成功

飲食店へのネガティブな口コミの対処法

ネガティブな口コミがレストランの評判に良い影響を与えるために必要な、5つの簡単なステップ

デリバリーで成功

飲食店がバーチャルブランドを持つべき一番の理由

既存の店舗に加えてバーチャルブランドをつくることで、大きな投資をせずにデリバリー業界に参入でき、1店舗で複数のブランドを管理できます。

Solutions for enterprise customers

For restaurant groups with more than 10 locations, we love getting you up and running as smoothly and quickly as possible. Let us know what you need, and we’ll custom-tailor the right solution for your business. Let’s have a conversation about it.

Talk to someone

フードデリバリーを成功に導く、理想的なメニューの作り方

飲食店のデリバリーメニューを最適化するための鍵となる最新のオンライン注文の形と成功の秘訣

もしあなたがハブスターに登録されたなら、デリバリーの成功に向けた大きな一歩を踏み出されたことでしょう。全ての注文を1つのタブレットに集約し、複数のデリバリーサービスを一挙に把握し、稼働率を上げて、ミスを減らし、同時にスケジュール管理をして、お客様のニーズを調査して、更にはビジネスのより一層の改善方法をカスタマーサポートと相談しているのではないでしょうか。

あなたがデリバリーを成功させるために最善を尽くしているのは火を見るより明らかです。しかし、あなたがデリバリービジネスを更に加速させたいのであれば、オンライン注文用のメニューをより効率的なものにしてみては如何でしょうか?このページでは、最新のオンライン注文の流れと、デリバリーサービスの業績を向上させるための効率的なデリバリーメニューの作り方をご紹介します。

理想的なデリバリーメニューを作るための秘訣

デリバリーメニューの中の、何が残り、何が消え、何が追加されるかを考える時、大切な5つのポイントがあります。まず、シンプルであること、店舗での食事体験に忠実なこと、人気順に並べること、味と同じくらい見た目にも気を配ること、頻繁に最適な商品に調整することです。

ステップ1: 簡潔かつシンプルに。

オンラインで料理を注文する場合、私たちは皆、すぐに優柔不断になってしまいます。選択肢が無限にあり圧倒されてしまうためです。ハブスターのお客様には、メニューの総数を15品目以内に抑えることをお勧めしています。

ほとんどの飲食店の店頭メニューは15品目以上あるので、デリバリー用に品目を削る際には以下の点を考慮してください。

  1. 配送用の包装に耐えられるか?
  2. 食感が保てるような食材か?
  3. 冷めてしまったり、ベチャベチャになるまでにどれくらい時間がかかるか?
  4. この商品を用意するにはどのくらいの時間が必要か?従業員は短時間で十分な量を準備できるのか?
  5. 利益率の高い商品か?

ステップ2:買い物かごが大きくなるように最適化。

15品目のうち、半分程度をメインディッシュにして、残りの品目は前菜、サイドメニュー、ドリンク、デザートを組み合わせることで、店内での食事と同じような体験をしてもらい、結果的に買い物かごを大きくすることができます。コース料理の組み合わせ以外にも、(前菜、メイン、デザート、サイドメニュー、ドリンク)と、コース別に商品を分けたり、メインディッシュにはコンボやトッピングなどの要素を盛り込むことをお勧めします。


ステップ3: 1番人気の商品を上位に置く。

デリバリーサービスでは、飲食店の選択肢が無限にあるため、1番人気の(そして利益率の高い)商品をメニューの1番上に置くようにしましょう。そうすることで、最も愛されてる商品をまず体験してもらい、顧客満足度やレビューの向上に繋げます。

ステップ4:メニューの見た目や説明も、おいしそうな商品のイメージが膨らむものにする。

お腹が空いている人は美味しそうな料理を注文するものですよね。これは当たり前の事ですが、デリバリーサービスにとって大事な考えです。各メニューには、食べる人がその料理の味を想像できるような言葉で、詳細な説明をつけてください。また、説明文だけでなく、見た目にも気をつけ、料理の写真を見せることで、他の店との差別化を図ります。料理の写真の上手な撮り方が気になる方は、「料理写真をプロ並みに撮影する5つの方法」 の記事をご覧ください。

ステップ5:うまくいってるものと、いないものを記録し、状況に応じて最適化する。

「人間とは物事を繰り返す存在である」というフレーズを聞いたことがあるでしょうか。習慣とは、それほど重大なものなのです。これは人生に関しての格言ですが、デリバリーサービスにも当てはまります。注文された料理の傾向、フィードバックやレビュー、パフォーマンスデータを記録し、時間をかけて最適化を続けてください。もしあなたが、「場所、商品、デリバリーサービスごとのインサイトも含めた、まとまったパフォーマンスデータがあれば便利なのに」とお考えでしたら、ぜひハブスターのビジネスマネージャー製品をチェックしてみてください。

デリバリーメニューを最適化するメリット

デリバリーメニューを最適化するには確かに努力が必要ですが、その分の価値があります。消費者の25%が通常の店舗での飲食と比較して、デリバリーの注文でより多く消費すると答え、

デリバリー業界は2014年から、店舗型の経営より300%速く成長しています。デリバリーで成功するために尽力してくれるパートナーをお探しでしたら、是非Hubsterをご活用ください。

Submitting this form means you’ve agreed to our Terms of Service.
Download icon
Next article

Learn more about Otter's integrations

This is some placeholder text by Ollie.

最近の投稿

お客様の声をもとにした感動的なストーリーや、ヒント、ガイドをご紹介します。